CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
RECOMMEND
2011 Kashiwa Reysol
Amazon
<< 首位奪還 | main | 勝ったけど…いろいろ残念です… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
新選組 幕末の青嵐
 新選組関連は司馬遼太郎の『燃えよ剣』と『新選組血風録』だけ読んでいて、『新選組血風録』の方が好きな私です…そーいえばNHKがドラマ化していましたが、大河の『新選組!』の印象が強くて、結局見ませんでした。大河の方も途中でやめちゃったんですけどね…

さて、この作品は新選組の誰か一人を取り上げたり、一人の視点から語ったものではなく、いろんな人の視点から語られる作品です。新選組隊士だけでなく、彼らに関わった人々も語り手となります。なので、近藤や土方の人物像が、語り手によって少しずつ違ってきています。当然、語り手の相手に対する感情が入っているので、それが結構おもしろいです。

物語は土方からはじまります。やりたいこともなく、ただ鬱屈したものを抱えて暴れていたころからです。そして新選組結成、最後は彼らの辿った結末を佐藤彦五郎が語るところで終わります。結構な分厚さですが、読みやすいこともあってあまり気にはなりません。

読んでいて印象に残ったのは山南敬助と永倉新八でした。
『新選組!』での堺雅人の山南がすごい好きだったこともあって、山南のパートでは堺雅人が頭に浮かんでしょうがなかったのですが(でも、ここでは山南は丸顔と描かれているんですね。うーん丸顔…)。でも山南は、新選組における自分の価値を見いだせず、思い悩み、やがて自分で幕を引くことになります。なんとなくヘタレっぽいところもあるのですが、彼の悩みは、今の時代にも通じるところがあるなーと思うのです。

山南の脱走から、切腹までは、沖田総司が語るのですが、その部分はどうしようもなくせつなくてたまりませんでした。端から見ていると何事にも動じない(それこそ自分が労咳に侵されていることがわかっても)、無邪気で子供みたいな沖田が、山南の覚悟を目の当たりにして感情が乱れるのがかなしかったです。

永倉は、自分では平凡だといいつつ、どこか一歩引いて見ているような冷静さがあります。そう言う意味で、新選組を見つめていた目として一番面白かったのは永倉でした。近藤や土方に対しても過剰な感情はなく、世間の動きについても関心を持ちつつ、かといって入れ込みすぎる感じもなく(斉藤一よりかはいろいろ入れ込んでいるのですが)。妙に共感できた気がしました。

しかし、意気揚々と京にのぼり、芹沢鴨の暗殺(ちなみに芹沢の語りもあります、これも興味深いです)から新選組の絶頂期、そしていつしかほころびが少しずつ生まれ、やがて時代の奔流に翻弄されて命を落としていく様子を見ていると、こんな時代でなければ彼らは穏やかに生きていけたかもしれない、と思います。しかし、そうしたら彼らが一瞬にしても、輝くこともなかったと思うと、これで良かったのかもと思ったりもしました。


| BOOK | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック