CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
RECOMMEND
2011 Kashiwa Reysol
Amazon
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
仙台ぐらし
評価:
伊坂 幸太郎
荒蝦夷
---
(2012-02)

JUGEMテーマ:本の紹介
 
更新がかなりあいてしまいました…本も読んだし映画も見たし、レイソルの試合も見に行ったんだけど、ブログを書こうという気力がなかなかわきませんでした…

伊坂幸太郎のエッセイ。書き下ろしの短編も入っています。
もともと『仙台学』という雑誌に連載されていたものだそうですが、とりあえずタイトルが「〜が多すぎる」で統一されています。

伊坂幸太郎のエッセイはもう一冊出ているんですが、実はまだ読んでいません。なのでこの本が初なのです。

いや、すごく共感しました。
なんかですね、考え方が似ているというか、「わかるわかる」と思えるところが多かったというか。

「心配ごとが多すぎる」とか、わかるなー、その気持ち、という感じでした、私もニュースや新聞で経済崩壊や環境破壊やグダグダの政治をみるたびにお先真っ暗やとどよーんとしたり、半年後にどうなってるのかわからないと不安になったりとかしょっちゅうなので。でも1年前と変わらなかったりするのですが、でもやっぱりいろいろ心配しています。

「見知らぬ知人が多すぎる」は、意識しすぎて恥ずかしい、とあったのですが、実際に「伊坂さんですよね」と話しかけられることがあるので、それも当然かなあと思うのです。そもそも、道ばたで知らない人に話しかけられると結構どぎまぎします。なに、何の用?みたいな。たいてい道を聞かれるんですが。

震災のことも少し書かれています。震災が起こった後の動き方は、皆さんそれぞれ違うのですが、何を考えたのか、何を思ったのか、淡々と書かれています。自分は非力だと思い、でも他の人からの言葉に勇気づけられ。
私も自分がこのままでいいのか、疑問に思ったまま結論が出ていないんですが,伊坂さんの「僕は、楽しい話を書きたい」という言葉が残りました。

そして、短編の「ブックモービル」はステキなお話です。震災後に移動図書館で被災地を回る2人の話です。それぞれ過去があって、いま被災地にいるのも単純にボランティアというだけではない感じ。語り手の原田はなにが関わっているかが説明されるのですが、相棒の渡邊については深くは語られません。
原田についても解決したわけではないんですが、それならそれで、また探すか、という感じです。
がっつくわけでもなく、でも投げ出すわけでもなく。そのスタンスが、なんだかとてもいいのです。


| BOOK | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0)
ジャズ・アネクドーツ&ポートレイト・イン・ジャズ
「アネクドーツ」とは「逸話集」「小話集」みたいな意味です。往年のジャズ・ミュージシャンたちのさまざまな逸話を集めています。著者のビル・クロウもジャズ・ミュージシャン(ベーシスト)です。翻訳は村上春樹。和田誠のイラストが入っています。

私は音楽は好きだけど、あまり詳しくないひとです。ジャズもしかり。著名なミュージシャンになると名前を聞いたことはあるけど、どんな音楽だっけ?という程度です。なので語るなんてもってのほか。

しかし、この本は読んでいてとてもおもしろかったです。時代としては、1930年代くらいから1960年代くらいでしょうか。知らないミュージシャンの名前はたくさんある(そもそもその人が何の楽器を弾いているかもろくにわからない)のですが、いろんなエピソードだけで引き込まれてしまいます。それに、その人たちの奏でる音楽にとても興味がわくのです。読み終わった後は、とりあえずiTunes Music Storeにアクセスしていろいろ探し回ってしまいました。

とはいえ、結局迷ってしまったのでそのあとは『ポートレイト・イン・ジャズ』(和田誠と村上春樹の共著)を買って読みました。こちらは和田誠によるジャズ・ミュージシャンたちの肖像画に、村上春樹によるそのミュージシャンたちの紹介と、おすすめのアルバムをまとめたもの。ここからジャズをはじめても良いかなあと思って。

で、いろいろアルバムを探してはどれを買おうか悩んでいたんですが(同じアルバムが見つからないものもありました)『ポートレイト・イン・ジャズ』のコンピレーションアルバムがあって、それを買いました。そこから好みの音楽を探すのもいいですね。

それで、この両方を読んですごく気になったのがビックス・バイダーベックとレスター・ヤング。ビックス・バイダーベックは『ポートレイト・イン・ジャズ』の表紙になっているコルネット奏者。レスター・ヤングはテナー・サックス奏者。二人ともこの本で初めて知ったミュージシャンです。エピソードを読んでいて、すごく演奏が聞きたくなった二人です。


| BOOK | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0)
緋色の十字章
 風光明媚で名物はフォアグラ、トリュフやくるみ。村人たちも自分たちでパテやチーズを作っている、そんなのんびりとしたフランスの小さな村。そこでたった一人の警官であり、警察署長であるブルーノも穏やかな好男子。うっとりするような風景と、とても美味しそうな料理の描写にこの村で過ごしたい〜と猛烈に思います。

そんな場所で起こった、凄惨な殺人事件。アラブ人の老人ハミドが、腹部を裂かれて殺されます。被害者がアラブ人であること、胸に鉤十字を刻まれていたことで、ファシストによる犯行かと考えられます。

ブルーノは、以前の穏やかな村を取り戻すべく、捜査に取り掛かります。とはいえ、小さな村の、一人しかいない警官では、国家警察から派遣されてきた警視と刑事官のもと、捜査を手伝うような立場になるのです。
でも、やってきたジャリポー警視は、以前ブルーノと一緒に事件の捜査をした旧知の仲。一緒に来た刑事官のイザベルとはなんだかいい感じにもなります。

むごたらしい殺人に、人種差別の影がさすのですが、文章がやわらかく、ブルーノやマンジャン村長の村を守ろうとする思いがまっすぐで、重さはあまりありません。むしろ村人たちの行動がちょっと微笑ましかったり(EUの検査官への行動はむしろ痛快)、ブルーノの愛犬ジジの可愛らしさのほうが印象的で、この小さな村へ、そこに住む人たちへ愛着が湧いてきます。

しかし、犯人の姿は、あるきっかけで予測していたものとは違う方向に向かっていきます。殺人の謎を解くために、過去を紐解いた時、あまりにも酷い事実が発覚します。戦争という狂気がもたらした、昏く、根深い傷。過去の話とは割り切ることのできない事件。誰がどう裁くのか、それについては何も言えなくなります。

ブルーノ自身も、実は孤児であり、ボスニアに国連の平和維持軍として従軍するなど、過酷な過去を背負っています。だからこそ、今の穏やかな生活を選んだのかな、と思いました。

後味は悪くはありません。そういう選択になるだろうな、と思います。それが最善ではないかと。

でも残されたひとたちは、幸せになってほしいなと思いました。
| BOOK | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)
Mystery Seller
JUGEMテーマ:本の紹介
 
文庫で読みました。文字通り、ミステリーのアンソロジーです。錚々たる面々が執筆していますが、それぞれタイプの違う作品が集まっています。謎解きに挑戦したくなるものもあれば、人の生きざまを見る作品もあり。アンソロジーのいいところは読んだことがない作家でも気軽に読めるところですよね。私もアンソロジーで初めて読んで、その後単行本を買った作家は結構いる方ですね。

さて、ここに収録されているのは次の通り。一言感想(一言じゃなくなっていますが)もつけています。

島田荘司「進々堂世界一周 戻り橋と悲願花」
おなじみ御手洗潔のシリーズです。…と言いながら、私は初めて読みます。名前はよく知っているんですけどね、なんとなく読んでないままです…
曼珠沙華の花からはじまった、太平洋戦争の記憶。もちろん御手洗の記憶ではなく、彼の出会った、韓国人から聞いた物語です。
ラストが素敵です。人が人でなくなる、悪夢のような戦争中の記憶だけではなく、こういうオチを持ってきたのか〜と感心しました。

有栖川有栖「四分間では短すぎる」
江神・アリスシリーズの一編。みんなで謎解きをする様子が楽しい話です。アリスが見かけた、見知らぬ男の電話での会話が発端となるのですが、電車のダイヤ、言葉の使いかた、さまざまな知識を駆使して推理するって面白いですねえ。

我孫子武丸「夏に消えた少女」
個人的には一番印象に残った作品です。真相に驚き、ラストにぞっとしました。

米澤穂信「柘榴」
妖しく美しい物語です。しかし、なぜこれだけの女性が狂わされるのかが謎のまま。

竹本健治「恐い映像」
テレビの映像から蘇る記憶と過去の事件。その謎を探るのですが、真実はけっこうやりきれないところもあります。ドラマの「コールドケース」を見てても思うのですが、埋もれた記憶は埋もれるなりの事情があったりするんですよねえ。

北川歩実「確かなつながり」
少女を誘拐した犯人は何者で、何のためにという真相を突き止めるはずが(いや、突き止めてはいるのですが)、当事者が暴走するあまり、置いてけぼりをくらった気になりました。探偵はいるのですが、たぶんこの探偵はこういう気分で現場にいるんだろうなーと思いました。面白くないのではなく、展開が想像の斜め上に行った感じ。

長江俊和「杜の囚人」
ある山荘で暮らし始める兄妹。ビデオで撮影をする妹が変わっているなーと思ったら、それには裏があり…という展開ですが、一筋縄ではいきません。裏には裏があります。

麻耶雄嵩「失くした御守」
高校生が主人公で、彼女とお揃いで買った御守を失くし、いかにばれないように見つけるかを苦心している裏で、心中事件の謎解きが進みます。なんとなく軽いノリで書かれているのですが、最後まで読むと「え?」と思います。いいのかそれで。

| BOOK | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0)
夏目友人帳(13)
ちょっとこの巻は名取さんにほろりときました。
それと、西村と北本メインの番外編が!西村と北本は、夏目にとって大事なひとたちなんですけど、やや影が薄いというか、出番が少なかったのでうれしいです。彼らの人となりもわかって、とてもいい話でした。

「連鎖の陰」
夏目がひょんなことこから的場に協力をすることになる話です。それは妖に対すると言うより、むしろ人と人との争い、祓い屋同士の争いに妖が利用された格好です。祓い屋を襲うものを突き止めるために協力を求めてきた的場に、いろいろ考えた夏目は協力することにします。それは名取が同様に、悪質な嫌がらせを受けていたことも影響していたのだと思います。

力を持つものに対して妬み、より強い力を求める。人の浅はかさと醜さが見えた物語でした。配下の人も妖も信じていない的場。ある意味ゆらぎがなく、強いのかもしれませんが、それでいいのかどうか。それに対して、夏目に出会ったことで少しずつゆらぎ、変わってきている名取。この話の名取は出番がそれほどなかったのですが、とても印象的でした。夏目とはちぐはぐなやり取りをしながら、でも夏目と共にあろうとしている気がします。
「あの頃は 君に私の味方になって欲しかったんだと思う」
「力になって欲しかったんだ」
「でも今は 君の力になれるのが嬉しいよ」
名取のこの言葉と、最後の行動にちょっとほろりときたんですね。名取って不器用なんだなあと思います。いつもあの胡散臭さの裏にある素顔が、今回一番見えた気がするんですね。私としては。

名取のあざのについて、的場の不穏な発言があったんですが、今後の伏線ですか、緑川先生…

「西村と夏目」
出会ったばかりの頃の西村と夏目の話です。
転校してきたばかりの、まだピリピリしている夏目に、何かとかかわる西村は物怖じしないというか、ちょっとヤダな、と思ってもなんでヤなのか自分で納得したいタイプですよね。だからかかわる。簡単に遠巻きにすることを選ばないんですよね。それが夏目にとってよかったなぁと思います。

でもそんな西村も、悩みはあります。兄が受験を控え、家が兄を中心に回っているのです。
「家族がいても おれは最近 ひどくさみしい」
明るくて、脳天気に見えても、心に重くのしかかる思い。それはやがて、知らず知らずのうちに妖に引きつけられることになります。

西村を特別なんだと言い、助ける夏目。そんな夏目とニャンコ先生の会話を聞き、もっとたくさん話そうと思う西村。西村ってまっすぐですよね。そんなまっすぐさがまぶしいです。

「北本と夏目」
北本と夏目の話です。西村の話と同じ時期なんですが、北本のほうが長い期間の話です。田沼も入ってきてますし。

西村が突っ走るタイプなら、北本はいったん考えるタイプ…といった感じかと。夏目に対しても、西村ほど近くに寄れない(クラスも違うし)。仲良くなっても、北本自身が夏目に壁を感じています。夏目は二人が大事だから、妖とのトラブルに巻き込みたくなくて、秘密にしているのですが、北本はそれをなんとなく感じ取っていて、距離を感じているのです。

北本自身も、お父さんが体を悪くしたばかりで、自分の進路について迷っていることを誰にも言えずにいます。ある意味、北本と夏目は同じようなことをしているんですよね。北本が夏目に感じた距離は、実は北本自身にも言えることなのかなと思います。

でも。
「…あのさ おれも実は迷ってて」
「夏目、きいてくれるか?」
夏目の「ずっとここにいたいんだ」という言葉を聞いた北本の言葉。夏目の本当の気持をちゃんとすくってくれて、その瞬間距離がなくなること。北本はあんまり器用じゃないけれど、やっぱりまっすぐに見つめることができる人なんだと、思いました。
| BOOK | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0)
ハサミ男
JUGEMテーマ:本の紹介

綾辻行人の『十角館の殺人』を読んで衝撃を受けた、とう話をしたら、じゃあこれをぜひ、と言われて借りました。この作品、映画化されているんですよね。帯に「誰もが映像化は不可能だと思っていた」とありますが。

一人称と三人称が入り交じり、殺人者が語り手となっている物語です。女子高生連続殺人犯の「ハサミ男」は、次の標的と狙っていた少女が、殺された現場に遭遇します。自分が殺していないのは確かだ。しかし、殺し方は自分と同じ。「医師」に煽られて、探偵の真似事を始めます。
それと、この殺人事件を追う刑事たちの話が交互に語られます。

私は結構単純なんで、普通にミスリードして、真実が語られたとき「うわっ!」と驚く人です。この物語でもしっかり驚かされました。
ていうか、これをどうやって映画化したのか見てみたいんだけど、見たらがっかりするような気がする…読んだあとにキャスティングされている人を見ると、あ、この俳優さんがこの役ね、ってなんとなくわかる気がする…情報を入手していないので、単なる思い違いかもしれませんが。

衝撃度は『十角館の殺人』が上だったんですが、ああいうタイプの作品では初めて読んだものだったので、余計にインパクトがあったのかも。未だに自分がものすごく驚いたのを覚えていますもん。

とはいえ、この『ハサミ男』も面白いです。一気読みタイプの作品。だって次の展開が気になって仕方ないのです…
| BOOK | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)
狐笛のかなた
JUGEMテーマ:本の紹介

母を早くに亡くし、産婆(「とりあげ女」と呼ばれる)の綾野に育てられた少女、小夜。ある日、傷ついた子狐を助けますが、それは使い魔として呪者に飼われている霊狐の野火でした。

この作品は、人である小夜と、ひとではない野火がひたむきにを想いあう物語であり、春名ノ国の有路ノ一族と、湯来ノ国の湯来ノ一族の憎しみに彩られた争いの物語でもあります。

争う二つの国の領主は血縁関係があり、だからこそさらに憎しみが募るのか、大切なものを奪い合うような歴史を繰り返しています。それは領土であったり、近親者であったり。野火は、湯来ノ国の領主、湯来ノ盛惟に使えている呪者の使い魔として生きていました。

そして小夜は、育ての親である綾野を亡くし、一人で生活していました。亡き母の不思議な力を受け継いでいた小夜は、人の心がわかる「聞き耳」の能力を持っていて、大勢の人々の中にいることを苦手としていました。綾野と住んでいた森の近くの家で、静かに暮らしていた小夜は、太朗と鈴に出会うことで、母の真実を知り、やがて二つの国の争いに巻き込まれていくのです。

そこには、小夜が野火を助けたときに偶然であった、森の奥の屋敷の閉じ込められていた少年、小春丸も関わってきます。仲良く遊ぶ二人を見ていると、小春丸と野火で小夜を取り合ったりするのかしら?と思ったんですが、そうはなりませんでしたねえ…

小夜が出会った太朗は、春名ノ国の領主、有路ノ春望に仕える「オギ」とい守る術を使う人でした。太朗と行動をともにする小夜は、野火とは敵同士という立場になってしまうのです。
主人の名に背いたら、命を奪われてしまう運命の野火ですが、自分の命をかけて、小夜を守ろうとします。また小夜も身を挺して野火を守ろうとするのです。

人間はおろかで、残酷で。でも一途に相手を思いやる心が、呪いさえも突破していく。小夜と野火の強さと優しさが眩しい物語でした。
| BOOK | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0)
蛍火の杜へ
『夏目友人帳』の緑川ゆきの短編集です。表題作が映画化されているんですよね。
夏目の作者らしい、優しくて切ない作品が集まっています。

一番好きなのは、表題作の「蛍火の杜へ」。電車の中で読んでいて、思わず泣きそうになるのを必死でこらえました…

人ではなく、でも妖でもなく。とてもあやふやな存在のギンと、人である蛍の、とても切ない関係が綴られています。ギンは人に触れられると消えてしまうので、蛍はギンに触れることができません。最初はそれとは知らず、しかもまだ幼かった蛍はギンに抱きつこうとしてげしげし殴られるところがコミカルに描かれています。

でも、ギンを驚かそうとして登った木から落ちた蛍に、ギンは思わず手をさしのべるのですが…
「ねぇ ギン 何があっても」
「私には触らないでね」
「絶対に」
幼くても、切ないのをがまんしてそう告げる蛍がけなげでした。

夏の間だけ、ギンに会いに来れる蛍は、やがて中学生になり、高校生になります。でもギンはあまり変わらず、出会った頃のまま。姿は人そのものなのに、やはり人ではない存在なのだと思い知らされます。
いつの日か、終わりが来ることをなんとなく感じながら、でもそのときまでは一緒にいようと願う蛍の気持ちが切ないけどうらやましいと思ったのも正直なところです。ただ、ギンのことが好きで、一緒にいたくて、それだけ。

ギンもまた、蛍を想いながら、でも己の存在に限りがあることもわかっていました。

ずっとは一緒にいられないとわかっている二人の、夏祭りはすごく胸がぎゅっとなりました。あまり自分の気持ちを表に出さなかったギンの言葉が嬉しくも悲しいのです。
「蛍 おれ」
「もう 夏を待てないよ」
「離れていると」
「人込みをかきわけてでも 蛍に逢いにいきたくなるよ」
予感はしていたけれど、でも終わりは突然で。どうしようもなく泣きたくなります。ものすごく切ないのだけど、晴れやかなギンの顔は幸せそうで。痛いんだけど、でも前に進む蛍の姿は悲しいのではなく。すごく、大事なものをもらったような気がします。

「体温のかけら」と「星も見えない」は妖などはでてきませんが、高校生が主人公のラブストーリー。両方とも初々しい感じで、なんだかものすごくかわいらしいです。ただ、人をただ想うことの温かさや、切なさがしみじみと感じられます。

ちなみに「体温のかけら」の吉尾にはちょっと感情移入してしまいました。なんかわかるんですよねえ、ああいう気持ち。




| BOOK | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0)
新選組 幕末の青嵐
 新選組関連は司馬遼太郎の『燃えよ剣』と『新選組血風録』だけ読んでいて、『新選組血風録』の方が好きな私です…そーいえばNHKがドラマ化していましたが、大河の『新選組!』の印象が強くて、結局見ませんでした。大河の方も途中でやめちゃったんですけどね…

さて、この作品は新選組の誰か一人を取り上げたり、一人の視点から語ったものではなく、いろんな人の視点から語られる作品です。新選組隊士だけでなく、彼らに関わった人々も語り手となります。なので、近藤や土方の人物像が、語り手によって少しずつ違ってきています。当然、語り手の相手に対する感情が入っているので、それが結構おもしろいです。

物語は土方からはじまります。やりたいこともなく、ただ鬱屈したものを抱えて暴れていたころからです。そして新選組結成、最後は彼らの辿った結末を佐藤彦五郎が語るところで終わります。結構な分厚さですが、読みやすいこともあってあまり気にはなりません。

読んでいて印象に残ったのは山南敬助と永倉新八でした。
『新選組!』での堺雅人の山南がすごい好きだったこともあって、山南のパートでは堺雅人が頭に浮かんでしょうがなかったのですが(でも、ここでは山南は丸顔と描かれているんですね。うーん丸顔…)。でも山南は、新選組における自分の価値を見いだせず、思い悩み、やがて自分で幕を引くことになります。なんとなくヘタレっぽいところもあるのですが、彼の悩みは、今の時代にも通じるところがあるなーと思うのです。

山南の脱走から、切腹までは、沖田総司が語るのですが、その部分はどうしようもなくせつなくてたまりませんでした。端から見ていると何事にも動じない(それこそ自分が労咳に侵されていることがわかっても)、無邪気で子供みたいな沖田が、山南の覚悟を目の当たりにして感情が乱れるのがかなしかったです。

永倉は、自分では平凡だといいつつ、どこか一歩引いて見ているような冷静さがあります。そう言う意味で、新選組を見つめていた目として一番面白かったのは永倉でした。近藤や土方に対しても過剰な感情はなく、世間の動きについても関心を持ちつつ、かといって入れ込みすぎる感じもなく(斉藤一よりかはいろいろ入れ込んでいるのですが)。妙に共感できた気がしました。

しかし、意気揚々と京にのぼり、芹沢鴨の暗殺(ちなみに芹沢の語りもあります、これも興味深いです)から新選組の絶頂期、そしていつしかほころびが少しずつ生まれ、やがて時代の奔流に翻弄されて命を落としていく様子を見ていると、こんな時代でなければ彼らは穏やかに生きていけたかもしれない、と思います。しかし、そうしたら彼らが一瞬にしても、輝くこともなかったと思うと、これで良かったのかもと思ったりもしました。


| BOOK | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0)
「即興詩人」のイタリア
JUGEMテーマ:本の紹介
 
アンデルセン作、森鴎外翻訳の『即興詩人』の舞台イタリアを訪ね歩くという紀行エッセイです。『即興詩人』のストーリーと、舞台となったであろう場所だけでなく、歴史や文化、それに、森鴎外が受けたであろう影響についてまで、紹介されていて、いろいろと面白いです。

実は私、『即興詩人』を読んでないんですね。イタリア好きなんで、興味があって思わず購入したんですが。『即興詩人』は、アンデルセンの生涯の物語と言われているそうで、主人公はアンデルセンの化身だそうです。
主人公アントニオが辿る、ローマからナポリ、地中海のほうへ旅し、そして北のヴェネツィアのほうまで。物語を追いながら、街を訪ねていくのです。

メインはローマからナポリのほうになります(北イタリアは最後のほうに、ちょっと駆け足な感じ)。アントニオの友情と恋と、劇的な人生のほとんどはローマから南イタリアを辿る中で起こっているからなのです。

ローマでの出来事も印象深いのですが、『即興詩人』のクライマックスでもある、カプリの青の洞窟のところは想像するだけでうわーと思いました。青の洞窟は行ったことがなくて、写真で見たことがあるだけなんですが、神秘的というか、不思議なイメージですね。まあ『即興詩人』のなかで起こる出来事もかなり不思議なんですが。

読んでいると、イタリアに行きたくなります。『即興詩人』自体、アンデルセンのイタリアへの旅が元になっているので、旅行ガイドらしいところもあるみたいですけどね。
| BOOK | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0)